TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > アメリカのTVドラマ > S.W.A.T. DVD-BOX
  • S.W.A.T. DVD-BOX
    • 商品番号:DIS001850
    • 商品在庫: 30
    • 商品重量:0グラム
    • 登録時間:2018-05-30
    • 商品クリック数量:143
    • ユーザー評価: comment rank 5
    • 市場価格:合計8,280円
    • 商品総価格:

    購入商品数:


商品説明

S.W.A.T. DVD-BOX

 
監督:ジャスティン・リン、ビリー・ギアハート
出演:シェマー・ムーア 、アレックス・ラッセル、ジェイ・ハリントン 、ステファニー・シグマン、ケニー・ジョンソン
形式: Color, Dolby, Widescreen
言語: 英語
字幕: 日本語, 英語
ディスク枚数: 11
 
【内容紹介】
 
*1970年代のドラマ「特別狙撃隊S.W.A.T.」がパワーアップして復活!
「S.W.A.T.」は、1975年に米ABC局で放送されたテレビドラマ・シリーズ「特別狙撃隊S.W.A.T.」をもとに、舞台を現代に移してよりパワーアップしたポリス・アクション・ドラマである。クリエーターは、「CSI: ニューヨーク」や「サウスランド」などをプロデュースしたアーロン・ラサーン・トーマスと「ザ・シールド~ルール無用の警察バッジ~」や「ザ・ユニット 米軍極秘部隊」などをプロデュースしたショーン・ライアン。オープニング・クレジットの音楽に、人気を博したオリジナル版の「反逆のテーマ」が使われているのも、往年の海外ドラマファンには嬉しいところ。
 
*ロサンゼルスを舞台に映画並みの迫力あるアクション・シーンが展開
S.W.A.T.=Special Weapon And Tactics=特殊武装戦術部隊は、1964年、銀行強盗事件が相次いでいたフィラデルフィアで、強力な武器で武装していた強盗犯に対抗するため、同市警察が特別に訓練された警察官100人から成る部隊を編成したのがその始まりとされるが、アメリカ国民が持つS.W.A.T.のイメージの元になっているのは1967年に創設されたロサンゼルス市警察のS.W.A.T.部隊だろう。「S.W.A.T.」は、そのロサンゼルスを舞台に、強盗事件、テロリズム、刑務所暴動、麻薬取引、ギャング抗争といった、凶悪事件の収拾に発動する特殊武装戦術部隊の活躍を描く。緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクション・シーンは本作の大きな見どころだ。映画『ワイルド・スピード』シリーズなどのアクション作品で話題を呼んだジャスティン・リンが第1話のエピソード監督をつとめていることも要注目だ!
 
*主役を演じるシェマー・ムーアの圧倒的存在感
本作の主役は“ホンドー”ことダニエル・ハレルソン。海兵隊出身の優秀でタフな警察官だが、ロサンゼルス市内でも貧困家庭の黒人が多く住む地区の出身で、今も同じ地区に住む。それだけに、とりわけ黒人住民には高圧的になりがちなロサンゼルス市警察の警官たちとは一線を画し、地元民に理解を示して彼らから信頼される存在でもある。そのホンドーを演じるのは、TV「クリミナル・マインド」でデレク・モーガンを演じていたシェマー・ムーア。鍛え抜かれた強靭な身体と精神を持ちながらも、弱き者への思いやりを忘れないあたたかいハートを持つホンドーを見事に体現。圧倒的な存在感でドラマをリードする。
 
*多彩で魅力的なキャラクターたち
1970年代の人気TVシリーズ「特別狙撃隊S.W.A.T.」をもとにしている本作だが、オリジナル版と大きく異なっている点の1つに、ホンドー率いるS.W.A.T.チームの構成員がある。オリジナル版でホンドー率いるチームのメイン・メンバーとして、オープニング・クレジットに登場する5人は、デヴィッド・“ディーコン”・ケイ以外の4人は全員白人男性。それに対し、本国アメリカで2017年に放送開始したリブート版の本作「S.W.A.T.」では、まずリーダーのホンドーが黒人男性に代わり、彼のチーム・メンバーも5人のうち3人が白人男性だが、1人はアジア系でもう1人は女性と、現在のロサンゼルスの人口構成を反映し、多様なキャラクターが有能なチーム・メンバーとして活躍する。
 
【ストーリー】
 
ロサンゼルス、サウスセントラル地区で不審な行動を取っている集団がいるという通報を受けて出向いたロサンゼルス市警察の警官たちが、いきなり狙撃される。武装した複数の容疑者がいるということで、特殊武装戦術部隊「S.W.A.T.」が出動。リーダーのバックの指示で、ホンドーら隊員たちは容疑者を仕留めるが、容疑者追跡の混乱の中、バックは誤って事件とは無関係な黒人の高校生を撃ってしまう。
 
警察署長ヒックスは、負傷した少年の命を救ったことに加え、サウスセントラル出身で地域の住民たちとも良好な関係を保っているホンドーをバックの後任に指名。年功序列ではチームメイトのディーコンの方が適任者だと考えるホンドーは、ヒックスの人事は黒人住民の怒りを鎮めるためで自分はマスコット代わりだと、密かに恋人関係にある警部のコルテスに不満をぶつける。納得できない人事に巻き込まれたうえ、ロングビーチ市警察から移籍してきたストリートという新米の面倒まで見る羽目になったホンドーだが、やむなくヒックスの命に従い、ディーコン、ルカ、クリス、タン、そしてストリートのチーム・メンバーたちを率いて、群衆整理のためサウスセントラル地区住民の抗議集会に出向く。
 
警察官としての立場と地元民としての立場の板挟みになった複雑な気持ちでいたのもつかの間、ホンドーの目の前でいきなり、集会に参加していた白人住民と白人警官が狙撃される。黒人対白人の人種闘争の様相を呈してきた中、ホンドーは聞き込みと通報によって、狙撃犯たちは人種闘争を引き起こすことによって秩序をひっくり返すことを狙う反体制組織だということを突き止めるが……

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
COPYRIGHT © 2005-2018 TVドラマ.All rights reserved.