TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 「華政(ファジョン)」第37-38話あらすじ

「華政(ファジョン)」第37-38話あらすじ

TVドラマ / 2016-07-20
第37話 
後金への返書を伝令に託した光海君は、公主とカン家の縁談は許さぬと宣言し、ジュソンを謀反の罪で捕らえる。その頃、貞明公主はヨジョンによって拉致される。光海君は、無事帰還したジュウォンに、何があろうと公主を取り戻して国と火器都監を必ず守ると誓い、ジュウォンもまた命を懸けて光海君と共に戦うことを決心する。 
一方ヨジョンが王宮から消え、ゲシは自分が光海君を危険に陥れたことに気づく。その頃、綾陽君は王の密命の証拠を西人派に突き付け挙兵を扇動。貞明公主を拉致したジャジョムは仁穆大妃を脅し、謀反への協力を迫る。一方、光海君は貞明公主と火器都監を守るため、イヌにある命令を下していた。イヌはジュウォンに会って公主を救出する計画を教え、綾陽君の元へ。ジュウォンは火器都監の職人と共に有事に備え、職人たちだけでなく炊事係のウンソルやオクチュまでが立ち上がる。 
 
 
第38話 
訓練都監を味方に引き入れるというイヌの提案に乗った綾陽君たちは反乱を起こす。だが、ジャジョンは抗戦する気配のない王に不安を感じる。イヌの手引きで王宮の正門を突破し便殿に攻め入るも、玉座に光海君の姿はなかった。片や無事に救出された貞明公主は、光海君が王位をかけて自分と火器都監の者たちを守ったと知り助けに行こうとするが、イヌに行く手を阻まれる。尚膳もまた光海君の命令通り火器都監を守るために彼らを軟禁する。王座を譲ることを決意した光海君は、密かに王宮を抜け出して貞明公主に会い、「お前たちは生き残り、自分の意志を継いで朝鮮を守ってほしい」と告げる。 

一方、王宮を占拠した反乱勢力が光海君の捜索を始めていたところにイヌが光海君を王宮に連行する。光海君は廃位され、ゲシとイチョムら大北派の重臣たちも捕らわれる。そして、綾陽君が新たな王となる。跪けという綾陽君に光海君は、お前は暗黒の時代を築き、いつかお前も同じ目に遭うといい、はじめて綾陽君の前に跪く。  

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
COPYRIGHT © 2005-2020 TVドラマ.All rights reserved.