TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 『テバク』第12話 あらすじ

『テバク』第12話 あらすじ

TVドラマ / 2016-05-06
テバク
命まで差し出したテギルは「ものすごく運がいいヤツ、それがまさに俺だ」と言いながら、双六を始めた。テギルはユククィシンが出したさいころを全て突っぱねると、一人の子がさいころを持って現れた。
 
 そしてテギルは自信を持って「二つとも目が三なら俺の勝ちで、それ以外ならお前が勝ちだ」とし、「代わりに俺が勝ったら、あの人たちの命は全て俺のものだ」と言った。結果は、二つとも三が出て、テギルの思い通りとなった。
 

 正体は何だと聞くユククィシンにテギルは「ものすごく運がいいヤツだ」と言って、ソリム(キム・ガウン)はユククィシンを刺して復讐を果たした。 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
COPYRIGHT © 2005-2021 TVドラマ.All rights reserved.