TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 中国戦国時代ドラマ芈月伝 1話あらすじ

中国戦国時代ドラマ芈月伝 1話あらすじ

TVドラマ / 2016-01-12

紀元前338年、秦惠文王の命令で商鞅(しょう おう)を逮捕して五馬分屍の刑で処刑する。

その時、楚威王二年、太史令唐昧が夜空に星を見つけて霸星が現れたと言い、
威王に報告します。至急莒姬に宮廷内で妊娠しているものがいないかを調査させます。
莒姬は妃内には居ないが、一人妊娠しているものがいると言います。
それが向氏でした。
威王は喜びます。
霸星がいればこの後楚国は六国を打ち負かし、天下を統一できると言います。
しかし威后(皇后)は霸星が自分の子供(皇太子)の地位を脅かすと考えます。
そして女医に何とかして流産させろと話をします。
女医は何とか機会をうかがいますが、
莒姬は必死にそれを阻止します。
結局、霸星は生まれましたが、女の子でした。
威王はがっかりします。
そして星占いをした唐昧に嘘をついたとして、
両目を刳りぬき宮殿から追い出します。
威后は安心したのかと思いきや、
この姫は「幸灾乐祸」災いを呼ぶとして、
籠に入れたまま川に流してしまいます。
向氏は必死に子供を探します。
赤子は滝の前まで流されていきます。
向氏は籠を見つけますが、既に水につかっていました。
しかし、赤子の泣き声が聞こえてきます。
なんと赤子は葉っぱの上に運良く乗り、助かっていました。
月の明かりが出ている夜、
その様子を見た楚威王は赤子に芈月(ミーユエ)と名前をつけます。
4年後、小芈月は母がいつも家の入口で楚威王が来るのを待つ姿を見て、
一人で闯大殿に入ります。
そして父(楚威王)母の思いを伝えます。
 
芈月傳 1話

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
COPYRIGHT © 2005-2021 TVドラマ.All rights reserved.