TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 華流ドラマ少主且慢行の簡単なあらすじは

華流ドラマ少主且慢行の簡単なあらすじは

TVドラマ / 2020-11-02

 十方村の田三七(女主)は葬儀屋の両親に育てられ、小さい頃から死体検分をしている。そのため結婚のシーズンになっても(桃源城では一年に一回十八歳になった男女に結婚を奨励している?)相手がいないのですが、三七には八年前に結婚を約束した少年がいて、迎えに来るのを待っていたのですが、迎えに来れないのかもと、南府というちょっと大きい街に探しにしきます。

 
そこで、別れる時に寂しくなったらこれで僕を思い出して、と少年が書いてくれたサル(?←鬼脸、しかめっ面でした、スイマセン…ハハハ)絵の凧をみます。
 
その凧の絵を描いた持ち主  赵错 を見つけて大喜びするのですが、赵错の方はまったく覚えていず、遊郭の風呂場に乱入して訳の分からない事を口にする三七を警戒します。 赵错は南府の太府令(裁判所のような所)の息子なのですが、遊び歩いている息子のために父親が公開お見合いの場を設けています。三七は自分を思い出して貰おうと他人になりすまし、見事勝ち抜き婚約者になります。
 
華流ドラマ少主且慢行
 
ところが、結婚を渋っている皇太子の相手に選ばれ、皇太子と結婚することになってしまう三七です。首都に向かう途中で逃げ出した三七は、赵错とのお見合いの場に潜入するために化けた 贺锦心 と偶然会います。
贺锦心は三七だと思われ赵家から結婚を申し込まれているのですが、梅毒にかかっていて余命が一年だと噂されている 赵错との結婚がいやで、三七に替え玉になってくれと申し込みます。 赵错が初恋の相手だと確かめたい三七はそれを受けて、 赵错と結婚します。
 
結婚して 赵错にも初恋の相手がいてその人を待っていると知った三七は(自分の事を忘れていると思っている)、友人としてやっていこうという 赵错の提案を了承して、自分を思い出して貰おうとします。
 
と、ドタバタ結婚生活が始まり、南府で起きた事件を三七が持ち前の死体知識と洞察力で解決していくうちに 赵错はどんどん三七に惹かれて行きます。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
COPYRIGHT © 2005-2021 TVドラマ.All rights reserved.