TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > ポン・ジュノ監督の『オクジャ/okja』、アカデミー賞最終候補から脱落

ポン・ジュノ監督の『オクジャ/okja』、アカデミー賞最終候補から脱落

TVドラマ / 2018-01-24
ポン・ジュノ監督の2番目ハリウッド進出作であり7作目の演出作である映画『オクジャ/okja』が、今年のアカデミー賞の視覚効果賞部門の最終候補で残念ながら苦杯をなめた。
 
3月4日(以下、現地時間)に行われる第90回アメリカ アカデミー賞(オスカー)授賞式に先立って、アカデミー賞側は23日午前8時22分頃(韓国時刻では23日午後10時22分)公式ホームページのストリーミングサービスを通じて今年のアカデミー賞の最終候補を発表した。 
 
この日のアカデミー賞の最終候補発表は、昨年、米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の新しい会長に選出されたジョン・ペイリー撮影監督のオープニングで始まったし、候補発表はアンディ・サーキス、ティファニー・ハディッシュ(Tiffany Haddish)の進行で行われた。
 
2人の発表の中で、視覚効果(Visual Effects)部門には、昨年全世界を熱い雰囲気にしたポン・ジュノ監督の『オクジャ/okja』が1次候補に発表されて韓国映画会史に足跡を残すことと期待を集めたが、最終候補には『オクジャ/okja』は呼称されなかった。
 
昨年6月、全世界同時公開された『オクジャ/okja』は、秘密を秘めたまま生まれた巨大なスーパー豚オクジャと、江原道(カンウォンド)の山奥で一緒に育ったミジャの友情と愛を描いた作品だ。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}