TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 『ヴァイキング』のクリエイター、製作会社を立ち上げ『Ronin』をドラマ化!

『ヴァイキング』のクリエイター、製作会社を立ち上げ『Ronin』をドラマ化!

TVドラマ / 2017-12-26
海の荒くれ者たちの侵略劇を描くドラマシリーズ『ヴァイキング ~海の覇者たち~』のクリエイターが製作会社を立ち上げ、映画『Ronin』をドラマシリーズ化することが明らかとなった。米Varietyが報じている。
 
『ヴァイキング』でクリエイターを務めるマイケル・ハーストが製作会社Green Pavilion Entertainmentを始動させ、映画会社MGMと共に『Ronin』をTVシリーズとして甦らせることに。
 
1998年に公開された本作は、各国の諜報機関をリストラされた元スパイ5人がパリに招集され、ニースのホテルに滞在するターゲットから銀色のケースを盗み出すよう指示される。仕事の雇い主も目的も知らされないまま、数々のトラブルに見舞われながらもニースまで辿り着きケースを手に入れるが、裏切り者が現れケースが行方不明になってしまう。こうしてケースを取り戻すために、アメリカ人のサムとフランス人のビンセントがタッグを組むが...というストーリー。
 
映画版ではロバート・デ・ニーロ(『マイ・インターン 』)がサムを演じ、ビンセント役には仏俳優ジャン・レノ(『レオン』)、チームを裏切るグレゴール役にスウェーデン出身のステラン・スカルスガルド(『RIVER リバー』)、早々とチームをクビになるスペンスには英俳優ショーン・ビーン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)がキャスティングされていた。
 
現時点でドラマ版の配役は決まっていないが、映画版のキャストが国際色豊かなだけに、その点がドラマシリーズにも反映されそうだ。ハーストの新プロダクション会社が、これからどんな作品を製作していくのかにも注目していきたい。
 
『ヴァイキング』シーズン5は、米ヒストリーチャンネルにて毎週水曜日に放送中。日本では、Amazonプライムにてシーズン1~4が配信中。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}