TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > CNBLUE、アイドルバンドから、全メンバーが主役クラスの俳優に成長

CNBLUE、アイドルバンドから、全メンバーが主役クラスの俳優に成長

TVドラマ / 2017-10-23
メンバー全員が主演クラスの俳優に成長した。ビジュアルバンド、アイドルバンドと言われてきたCNBLUEが名実共に俳優バンドとしての足場を固めた。
ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、イ・ジョンシン、カン・ミンヒョクで構成されたCNBLUEは、2010年「ひとりぼっち」でデビューして7年間ロングランしているバンドだ。発表する曲ごとに音楽放送で1位を獲得してとても愛されている。
印象的なのは4人のメンバーが歌手活動と演技を並行しているという点だ。
ヨンファは、2009年SBSドラマ「美男<イケメン>ですね」でその存在を知らせ、2年後にMBCドラマ「オレのことスキでしょ。」で主演を演じた。それ以降はKBS 2TVドラマ「未来の選択」、tvNドラマ「三銃士」で活発に活動した。
現在、彼はJTBCドラマ「ザ・パッケージ」で主演を引き受けて、久しぶりに俳優として視聴者と対面した。突拍子もないが憎めないキャラクターでファンを再び魅了している。
ミンヒョクは、MBCドラマ「病院船」で、女優ハ・ジウォンとラマンスを描いている。KBS 2TVドラマ「棚ぼたのあなた」とSBSドラマ「相続者」、「タンタラキミを感じてる」を経て、大先輩のハ・ジウォンと肩を並べている。
ジョンヒョンは、最近放送が終了したKBS 2TVドラマ「ランジェリー少女時代」で「ツンデレ」チュ・ヨンチュン役に扮した。方言で演じ切った彼に好評があふれた。
ジョンシンは、12月に放送予定のSBS Plusドラマ「やきもき」の主演にキャスティングされた。イケメン数学教師カン・シヌ役に扮してファンタジー推理ロマンスを披露する予定だ。
今年CNBLUEの「完全体」での活動は韓国では難しいようだが、俳優としての4人の演技はテレビにあふれる予定だ。まさに演技ができて歌も歌えるCNBLUEだ。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}