TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 「華政」ハン・ジュワン“最後のシーン、イ・ヨニとソ・ガンジュンのセリフにぐっときた”

「華政」ハン・ジュワン“最後のシーン、イ・ヨニとソ・ガンジュンのセリフにぐっときた”

TVドラマ / 2015-10-26
俳優ハン・ジュワンはMBC月火ドラマ「華政」で最も悲劇的な役であるカン・イヌを演じた。百姓のために父カン・ジュソン(チョ・ソンハ)と対立して、結局父の手によって殺される役で、彼が息を引き取る最後のシーンは切なさと共に深い余韻を残した。
 
ハン・ジュワンは2013年KBS演技大賞新人男優賞をKBS 2TV週末ドラマ「王家の家族たち」のチェ・サンナム役で受賞した。このドラマでハン・ジュワンが演じたサンナムは高校を中退して世の中の偏見と闘いながらも妻のイ・ユンジとの甘い恋愛演技まで披露した。「王家の家族たち」の前から映画「少年馬夫」「壊れた夜」「あの夏、突然に」などで培ってきた演技力を認められた結果だ。
 
ハン・ジュワンは「華政」でイケメンの士として登場し、イ・ヨニとソ・ガンジュンの間で三角関係の一軸を担当した。その後、ソ・ガンジュンとイ・ヨニの味方になってチョ・ソンハに立ち向かう悲劇的な人物で、死までも強烈な印象を残した。
 
ハン・ジュワンはOSENとの取材に対して「父と対立するイヌ役を演じながら、密かに何度も泣いたのだろうと思った。初めての社会生活を経験するのが家族関係だが、その関係で父と対立するのは心が痛むことだ」と悲劇的な人物であるカン・イヌ役を演じて感じたことを打ち明けた。
 
彼は「最後のシーンが一番記憶に残る。友達に代わって死んでいきながら、心配するなと平穏な姿を演じなければいけなかったが、ヨニとガンジュンのセリフを聞いて、悲しくてぐっときた」とし、カン・イヌになりきった最後のシーンに対する記憶を打ち明けた。
 
「華政」は宣祖から光海、仁祖、孝宗までの4人の王を取り扱った時代劇だった。文禄・慶長の役を経験した宣祖、文禄・慶長の役を収拾したが仁祖反正で追い出された光海、三田渡の屈辱を経験した王という記録を残した仁祖、そして北伐を夢見た孝宗まで、それぞれ異なる色の王だった。ハン・ジュワンは4人の王の中で光海の演技をやってみたかったと言う。
 
彼は「光海は善と悪の基準に混乱をきたす人物だ」とし「家族を殺す行為そのものは悪いけれど、彼が国と国民のための政策を展開しようとしたことは間違いなさそうだ」とし、光海を演じたい理由について説明した。
 

また、彼は「俳優になると決めた瞬間から俳優としての人生を楽しんでいる。容易ではないけれど、それが少しずつ積み重なって俳優になっている」とし、俳優という職業に対する愛情を示した。 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
COPYRIGHT © 2005-2021 TVドラマ.All rights reserved.