TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 『死んでこそ生きる男』チェ・ミンス、カン・イェウォンと共にするだけで楽しくて

『死んでこそ生きる男』チェ・ミンス、カン・イェウォンと共にするだけで楽しくて

TVドラマ / 2017-08-03
一緒にいるだけで楽しい。チェ・ミンスとカン・イェウォン、それこそ現実の父娘の姿だった。
 
2日放送されたMBCの水木ドラマ『死んでこそ生きる男(原題)』では、伯爵(チェ・ミンス)とジヨンA(カン・イェウォン)、父娘の楽しい時間が描かれた。 
 
ジヨンBが伯爵をだまして娘のふりをしたその間、ジヨンAは単独で納骨堂を探して悲しい時間を過ごした。 
ところがそこでジヨンAは伯爵に会った。
伯爵がここを訪ねた理由は、30年前初恋の人ギョンスクとの思い出がつまっているところだから。 伯爵はジヨンAにすぐ「いくらならばいい?」と、尋ねた。変わってしまった町内をエスコートしてくれたらお礼をあげるから望む金額を言ってみろと注文したのだ。 
 
交渉完了。ジヨンAは思い出の場所を詳細に紹介することで伯爵を笑わせた。自然に伯爵が思い出したのは30年前ギョンスクとの思い出だった。 
引き続きジヨンAは伯爵を市場に連れて行った。ちょっと辛いタッパル(鶏足)を前にしてワルリワルラ(チョ・テグァン)は驚いたが、伯爵は大歓呼した。 
 
ところがこの時、伯爵の腸が揺れ動き始めた。伯爵はビデがないという理由で公衆便所を拒否したが彼には選択肢がなかった。トイレを行き来してから数回。彼は結局やつれた顔でジヨンAの前に立った。下痢でやつれた伯爵はジヨンAに向かって「これはみな君のせいだ。告訴する」と言い放ち、ジヨンAは彼を漢方医院に連れて行った。
ところでここで会ったのが漢方医師ミラン(ペ・ヘソン)。驚く伯爵の姿が爆笑を誘った。 
 
一方、『死んでこそ生きる男』は、伯爵になった男が娘(カン・イェウォン)と婿の前に現れて広がる話を描いたドラマだ。毎週水曜日と木曜日夜10時に放送される。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}