TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 『死んでこそ生きる男』チェ・ミンス、魅力満点“伯爵”キャラクターの反応爆発的

『死んでこそ生きる男』チェ・ミンス、魅力満点“伯爵”キャラクターの反応爆発的

TVドラマ / 2017-07-20
ドラマ『死んでこそ生きる男(原題)』のチェ・ミンスが、初放送から新しい人生キャラクターに出会って爆発的な反応を得ている。
 
19日初放送されたMBCの新水木ドラマ『死んでこそ生きる男』では、中東から帰国したチャン・タルグ(チェ・ミンス)の姿が描かれて注目を集めた。
 
初回でチェ・ミンスは劇中彼が演じる伯爵キャラクターに完ぺきに扮して注目をひきつけた。1970年代後半に中東に渡って石油財閥“サイド・パドゥ・アリ”伯爵になった“チャン・タルグ”をチェ・ミンスらしいコミカルな演技と名実共にカリスマ本能で完成させた。
 
チェ・ミンスは伯爵の誇張されてショーマンシップあふれる行動を自然に消化して熟練した演技はもちろん、ファッションとスタイリングに至るまで韓国版マンスール、別名“ミンスール”として完ぺきに再誕生した。 
 
ドラマ歴史上空前絶後な億万長者キャラクターと俳優チェ・ミンスが持っている爆発的なエネルギーが出会って掛け算のシナジーを発揮したという評価を受けている。
それだけでなく彼は数多くの女たちとスキャンダルをばらまくのも足りなくて王国の王女と乗った韓国行きの飛行機で出会ったスチュワーデスにちょっかいを出してプレイボーイ演技を自然に演じて、コミカルな演技から魔性の男のような演技に至るまで、無限の演技スペクトルを誇った。ここに上手なアラビア語演技まで加わってそれこそトリプルクラウンを達成した。
 
初回放送がされた直後『死んでこそ生きる男』はオンラインポータルサイトの検索語1位に登板して視聴者の爆発的な関心を堂々と立証した。
 
一方、MBCの『死んでこそ生きる男』はマンスールのような人生を享受した王国の伯爵が、娘を探すために韓国に到着して繰り広げられる過程を描いたコミカル家族ヒューマンドラマで今日(20日)夜10時に3、4話が放送される。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
COPYRIGHT © 2005-2021 TVドラマ.All rights reserved.