TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 『君主』ユン・ソヒ、ユ・スンホを救いチムコッ畑を焼く…祖父ホ・ジュノに復讐

『君主』ユン・ソヒ、ユ・スンホを救いチムコッ畑を焼く…祖父ホ・ジュノに復讐

TVドラマ / 2017-06-30

 『君主』でユ・スンホが、ピョンス会の本拠地チムコッ畑で起死回生して聖君に生まれ変わった。

 
29日に放送されたMBCの水木ドラマ『君主-仮面の主人』ではチムコッ丸薬の中毒になって死んだはずだった世子イ・ソン(ユ・スンホ)は、ピョンス会の心臓とも言えるチムコッ畑で奇跡的に息を吹き返し、デモク(ホ・ジュノ)に復讐を始めたファグン(ユン・ソヒ)が世子を救う姿が描かれた。
 
この日、世子イ・ソンは寒い冬を乗り越えて花を咲かせる春蘭のように毒を自ら克服して立ち上がった。世子が目を覚ましたのは、ピョンス会がチムコッ丸薬を製造しながら中毒になって死んだ子供たちを捨てるところだった。そして世子を生かしたのはチムコッ丸薬の中毒で死ぬ瀬戸際だった子供が最後の力を振り絞って差し出した水をすすったからだった。その子供は「これを飲んで生きて」と動くこともできない世子の口に水を含ませて倒れた。子供が死んだことを知って嗚咽し、立ち上がった世子は、そこに捨てられた子供たちの遺体を見て号泣した。
 
この日、世子を救ったのは、彼の片思いしていたファグンだった。入団式で世子が死んだと思っていたファグンは、祖父への復讐を誓っていた。ファグンは、世子を追うピョンス会の手下たちの前に現れた。ファグンはデモクから与えられた会の力を象徴する鞭を見せて手下を止めた後、世子を逃した。そして、ファグンはチムコッ畑に戻って、そこに火をつけた。世子は、子供たちを連れて逃げながら、チムコッ畑から炎と煙が上がるのを見て驚くところでエンディングを迎えた。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}