TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 米ABC、韓国ドラマ『神様がくれた14日間』をリメイク

米ABC、韓国ドラマ『神様がくれた14日間』をリメイク

TVドラマ / 2017-02-09
2014年放送されてしっかりしたストーリーで好評を得たSBSドラマ『神様がくれた14日間』が、韓国ドラマで初めてアメリカでリメイクされて現地で放送される。
 
SBSはアメリカメジャー地上波放送会社であるABCが『神様がくれた14日間』を『Somewhere Betwee』というタイトルの全10話シリーズでリメイクして6月からアメリカ全域で放送することにしたと8日、伝えた。
 
ABCがパイロット製作を通した市場テストを経ずに10話シリーズ全体を編成したのは異例なことだとSBSは強調した。
SBSによるとABCの社長は「『神様がくれた14日間』は原作画面にダビングだけしてアメリカ内で放送をしてもかまわない程ストーリー展開が具体的で迫力感があふれる」と、好評したという。
 
ドラマ『神様がくれた14日間』の原作を執筆した脚本家チェ・ランは「韓国でも好評を得たドラマがアメリカまで進出することになり光栄で、リメイク作品がアメリカの視聴者からも多くの愛を受けたらいいなと思います」と、伝えた。チェ作家はリメイク作品に責任プロデューサーとして参加する予定だ。
 
『神様がくれた14日間』は愛する子供を生き返らせるために時間旅行に出発するママの話を描いた。 チョ・スンウ、イ・ボヨン、キム・テウなどが出演した。
 
一方、アメリカバージョンの『神様がくれた14日間』はDuane Clarkが監督を引き受けてJoseph BroidoとIvan Fecanが演出を担当する。 
台本は『キャプテン・アメリカ』と『サマーランド』など多数のヒットドラマと映画を執筆したStephen Tolkinが執筆する。ヒロインには『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』に出演したポーラ・パットンがキャスティングされた。 
製作スタッフは3月にカナダ・バンクーバーで初めての撮影を始める。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}