TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 「雲が描いた月明かり」クァク・ドンヨン、パク・ボゴムの前で最後を迎えた

「雲が描いた月明かり」クァク・ドンヨン、パク・ボゴムの前で最後を迎えた

TVドラマ / 2016-10-19
クァク・ドンヨンがパク・ボゴムの前で最後を迎えた。
 
17日午後、韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「雲が描いた月明かり」では、キム・ビョンヨン(クァク・ドンヨン) がホン・ラオン(キム・ユジョン) を助けるためにイ・ヨン(パク・ボゴム) に刀を構える姿が描かれた。
 
キム・ビョンヨンは危機に陥たホン・ラオンを助けるためにイ・ヨンに刀を構えた。イ・ヨンは彼が刀を下ろす瞬間、彼に矢が殺到することを直感した。
 
イ・ヨンは「絶対刀を下ろすな。僕が君を失う」と話した。しかしビョンヨンは刀を下ろし、矢に当たって倒れた。
 

イ・ヨンは「ビョンヨン、忘れるな。もし僕がこの世でたった一人を信じるべきなら、今も変わらずそれは君だ」と言った。ビョンヨンは「僕を信じてくれてありがとう」と言いながら目を閉じた。イ・ヨンは涙を流した。 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}