TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 『HOMELAND』ショーランナー、シーズン8で完結の考えを明かす

『HOMELAND』ショーランナー、シーズン8で完結の考えを明かす

TVドラマ / 2016-09-21
2017年1月からのシーズン6放送開始を前にシーズン7&8への更新が正式に決定した米Showtimeの『HOMELAND』だが、ショーランナーを務めるアレックス・ガンサが、同シリーズをシーズン8で終了させる考えがあることを明かした。米Deadlineが報じている。
 
17日(土)、Showtimeのエミー賞プレパーティーに参加したガンサは、最終的な決定は放送局のShowtimeが決断するとしながらも、もし自分がその後もショーランナーを続けていくことになるのであれば、シーズン8で終了させるだろうと明かした。毎シーズン新たな展開を描き続けるオリジナル作品は、もちろんやりがいも感じるがその分ストレスも大きく、骨の折れる作業が続くのだとシリーズを製作する苦労が大きいことを理由に挙げている。
 
先月半ば、Showtimeは制作会社であるFox 21との契約を3シーズン分、シーズン8まで更新したことを発表。今後の展開については不透明なものの、ショーランナーのガンサ、製作総指揮者のハワード・ゴードン、主演のクレア・デインズらは続投すると伝えられていた。これまでドイツや南アフリカにも舞台を移し、過酷な撮影を続けてきた本作だが、ガンサは今後のシーズンでイスラエルでの撮影を熱望しているという。
 
現在、脚本の執筆と撮影が同時に進められているシーズン6は、舞台をニューヨークに戻し、今話題の大統領選挙の様子が描かれる予定。次期大統領候補エリザベス・キーン役のエリザベス・マーヴェル(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)、彼女の護衛に就く国防総省の将軍ジェイミー・マクレンドン役のロバート・ネッパー(『プリズン・ブレイク』)、エリザベスの選挙スタッフのチーフ役のヒル・ハーパー(『CSI:NY』)、ニューヨーク市立大学の法学教授役のパトリック・サボンギ(『THE FLASH/フラッシュ』)、FBI特別捜査官のレイ・コンリン役のドミニク・フムザ(『ナース・ジャッキー』)らの出演も決定している。
 

『HOMELAND』は9月18日(日)に授賞式が行われた本年度のエミー賞で作品賞、主演女優賞(クレア・デインズ)、監督賞(レスリー・リンカ・グラッター)などにノミネートされていた。シーズン6は米Showtimeにて2017年1月15日から放送予定。 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}