TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 『麗<レイ>』のIU、別れに先立ちカン・ハヌルを見つめて嗚咽

『麗<レイ>』のIU、別れに先立ちカン・ハヌルを見つめて嗚咽

TVドラマ / 2016-09-13
IU(アイユー)が恋心を抱いたカン・ハヌルを見つめて涙をこぼした。
 
12日放送されたSBSの月火ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子』では、ヘス(IU)が太祖王建(チョ・ミンギ)と婚姻をすることになる危機に瀕した。
ついに太祖王建の口宮命令が下された。これは太祖王建との婚姻を意味したことだった。 
 
ヘスは婚姻を避けるためにわざわざ自傷をして体に傷を作ったし、以後、ワン・ウク(カン・ハヌル)と会ったヘスは涙をこぼして「再び会えないものと思いました。あいさつもできなかったのにそんなふうにお別れになるのかと..」と、心を表わしてワン・ウクと切ない抱擁をした。
 
他の皇子はヘスの婚姻相手が還暦越えて子供がぞろぞろ付いた男といううわさを伝え聞いて衝撃を受けた。皇子たちはヘスを逃避させようとした。 
 
太祖王建がヘスと婚姻しようとする理由は解氏の勢いを折るためだった。太祖王建は「北方契丹族が騒々しい。そちらを守る解氏を軽く叩かなければならない」と説明した。 
だが、ヘスは皇宮で引っ張られて行く。
 
一方、歴史的に実際の太祖王建は各地域の豪族勢力と政略結婚をして彼らを統制したことがある。 合計29人の夫人から34人の子供を持ったと知られている。 
 

8月29日にスタートしたSBSの全20話の月火ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子』の視聴率(ニールセン・コリア提供)は、第1話7.4%、2話9.3%、3話7.0%、4話5.7%、5話6.0%、そして12日に放送された6話は5.7%をマークした。 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}