TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > ハン・ヒョジュ&イ・ジョンソクの『W 二つの世界』、相変らず水木ドラマ視聴率1位

ハン・ヒョジュ&イ・ジョンソクの『W 二つの世界』、相変らず水木ドラマ視聴率1位

TVドラマ / 2016-09-02
俳優ハン・ヒョジュとイ・ジョンソクのドラマ『W 二つの世界』が、1位を強硬に守った。
 
視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計結果、1日に放送された『W 二つの世界』の第13話は視聴率11.9%(以下、全国基準)をマークした。同時間帯水木ドラマ1位を維持し、水木ドラマの中で唯一2けた視聴率でもある。12話の11.1%より0.8%アップした。
1日放送されたMBCの『W 二つの世界』13話では、真犯人がカン・チョル(イ・ジョンソク)の銃に撃たれて死に、オ・ヨンジュ(ハン・ヒョジュ)は真犯人が撃った銃に撃たれて死にそうな内容が展開した。
 
この日『W 二つの世界』で真犯人はオ・ソンム(キム・ウィソン)に変身した。オ・ヨンジュは真犯人を自分の父オ・ソンムだと思って「カン・チョルは自分の世界に行きました」と話した。 
真犯人は「するとオレが一度に殺すことができないじゃないか?」と話してオ・ヨンジュを拉致した。真犯人はオ・ヨンジュに銃を向けてある建設現場へと自動車を運転するように指示した。 
その場所は真犯人がハン・チョルホ(パク・ウォンサン)を脅迫して用意した場所だった。オ・ヨンジュは真犯人に「助けてください」と頼んだ。 
だが、真犯人はオ・ヨンジュに銃を撃った。そして、自分を殺そうと追ってきたやくざたちも銃で撃った。 
一歩遅れて現場に到着したカン・チョルは真犯人と銃撃戦を行い、真犯人は死んだ。現実世界に戻ったオ・ヨンジュは病院に運ばれて行った。
 
一方、ライバル作SBSの『嫉妬の化身(原題)』第4話は9.1%で自己最高視聴率を書き換えた。3話の8.7%より0.4%アップした。10%突破が目の前だ。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}