TVドラマ: 韓国ドラマ|アメリドラマ|日本ドラマ高品質で低価格!

閲覧の履歴

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > ドクターズ 14話 あらすじ

ドクターズ 14話 あらすじ

TVドラマ / 2016-08-03
この日、クギル病院の院務課職員はナム・バラムを探した。看護師はナム・バラムが仕事のため、夜に病院にくると話し、院務課の職員はしかたなくそのまま戻った。看護師は「その人は奥さんもがんの闘病してから亡くなって、借金が多いそうだし、かわいそう」と残念がった。駐車の仕事をしているナム・バラムは、院務課からかかってきた電話を受けた。ナム・バラムは「はい、まもなくお支払いします」と話したが、顔には憂いがいっぱいだった。
 
深夜、息子の病院を訪れたナム・バラムは大変じゃないかとの息子の言葉に「パパは天下無敵だ。ヘとタルを守る」と、笑顔を浮かべた。
 
翌日突然タル君に問題が生じ、ナム・バラムは急に病院へ呼ばれた。手術同意書を書いて出てくるナム・バラムに、院務課職員がやってきて治療費を督促した。この時、ユ・ヘジョン(パク・シネ)は「私が保証人になる」と、手術を優先することを要求した。
 
ナム・バラムは孤児のがん患者は治療費が無償だという事実を知って涙を流した。ナム・バラムは「パパがいないことが君たちにはより良いことなのか」と、悲しんだ。ナム・バラムは子供たちのために命まで捨てる覚悟をした。寝る子供たちに「パパは永遠に君たちを守るよ」と誓ったナム・バラムは病院の屋上へ行った。 
 

この時、ユ・ヘジョンが現れてナム・バラムを止めたが、彼は「子供たちが薬一つ飲むたびに顔色を見る」と悲しんだ。ユ・ヘジョンはテレビ番組で家族を助けることができると言ったが、ナム・バラムは「もううんざりだ。やめたい」とし、「子供たちはかわいいが、私がしてあげられることがもうない。あまりにも荷が重い」と嗚咽した。ユ・ヘジョンは「子供たちがパパが治療費のために死んだということを知ったらどう思うのか」と止めた。 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha
お支払い方法 | 配送方法・送料について | 個人情報保護方針
{© 2011-2019 TVドラマ-Dantoset.com 著作権、著作権所有.}